ブログ

名古屋、静岡5リズムワークショップ終了しました

12823492_997445660330258_7774688901948731409_o

3月21日名古屋、22日静岡で5リズムのワークショップのお手伝いをさせていただきました。今回のティーチャーは日本人ティーチャーのMasayoさんでした。Masayoさんのワークはとても説明がわかりやすく初めての方でも自然に体を動かす楽しさが実感できるワークショップです。

名古屋のワークーはテーマが「リリース」でした。ワークが始まり踊っていると考えていたのとは違ったリリースを感じました。今回の私の気づきは私が「人の期待に無意識に応えすぎてしまって、本当はやりたくないことを結構やってしまっている」ことでした。期待に答えることは悪いことではないと思いますが、本当は気がすすまないことはやらない方がいいなと感じました。

ワークが終わるとMasayoさんが尋ねました「リリースしたいことは何パーセントリリースされましたか?」私は「70%がリリースされて、30%が残っている」と答えました。Masayoさんはさらに「30%残っているメリットは何ですか?」「人の期待に応えることは悪いことですか?」と質問しました。30%残っているメリットは私がちょうどよいバランスを取る為に必要だと理解しました。

自分に無理のない範囲で期待に応えることができれば、自分にストレスなく、相手を助けられて、相手も喜んでくれる。リリースする時に全部をリリースする必要がないこと、残っているものは意味があり、何かしらの役に立っているということです。リリースしたいと思うとつい100%解放したい気分になり、100%解放できないとスッキリしない感じがありますが、残っているものはバランスを取る為にあるんだなと考えられるようになると、解放することに対していい意味で気楽に取り組めると思いました。
写真 2016-03-24 10.35.43 午後

静岡のワークショップはお手伝いで参加させていただきました。静岡のオーガナイザーの大山理恵子さんはダンス友達で5リズムや他のムーブメントで何度もご一緒させていただいていました。今回静岡ではじめての5リズムでしたので大山さんのお手伝いと応援で参加しました。

ほとんどの方が5リズムやムーブメントが初めてで、最初はどんなことやるんだろと少し緊張した雰囲気でしたが、心地良い音楽が流れて体が動き出すとみなさん自由に楽しむことができました。

普段の社会の中では、自分が感じたままに体を自由に動かしたり、出て来た感情をそのまま表現できる場所があまりありません。誰からも評価されず、批判されない安全で自由な空間で、自分自身を評価したり、批判しないで感じたまま表現できる場所がもっと増えていくようにこれからもっと活動していきたいと思いました。
5458_925293110918754_5210211332114025538_n
1917949_925282097586522_7174672535868787271_n

 

 

コメント

コメント

関連記事

最近の記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る